【WSOP優勝!】木原直哉(key)さんのスレ Part.2
このスレはTwitter認証でログインしないとコメントが出来ません。
9206 : key : 2021/01/17(日) 23:32:19 ID:MDczODVmNzc 6 
>>9204
自分は元々バレーボールやってて、バレーボール自体は好きでしたが、そういう体育会系のノリがどうも苦手で、将棋部とかのノリが居心地良いと感じていたのですが、おそらくそのコミュニケーションが苦手というのを数倍にした感じと思えばよいのかなあと読んでて思いました。
自分のオススメとしては、一切コミュニケーションを取ろうとしないことです。

ポーカーでは、大きな勝負に勝った時にでも、いい感じで詫びる必要は一切ありません。和やかに話そうとする必要もありません。大喜びしたらダメですが、それだけ気をつければOKなのです。
もちろんそつなく会話をこなせるならそれに越したことはありませんが、でもそういうのが苦手なら何も言わない方が良いです。どういう言葉を言ったらダメなのか、言って良いのか、そういう判断は非常に難しく繊細です。でも、嫌われるということは、良い関係を頑張って築こうとして逆に地雷が分からず踏み抜いたりしちゃっているのだろうと思います。
聞かれたことに答えるのはそんなに苦じゃないはずです。それがしっかり出来れば十分なのです。
有名プロにも、コミュニケーションを苦手としている人は実は結構います。
例えば、2013年のWSOPメインイベント2位のマーティンとか(自分は結構仲が良いです)。
一般社会だとコミュニケーションをしっかり取れないとなかなか困ることも多いですが、ポーカー界はコミュニケーションが苦手でも成功できるので、そういう人がそれなりに集まっているのです。
ポーカーで強いと周りに思われるようになったら、コミュニケーションが苦手ということを理解した上で仲良くしたいと思ってくれる人が出てきますし、向こうから話しかけてくれるようになると思います。それまでは無理をせず、寡黙なキャラでいる、というのが自分のオススメです。
名前: sage: